ホーム > コールセンターシステム > コールセンターシステムの「一式」レンタル(1)

コールセンターシステムの「一式」レンタル(1)

コールセンターにおいて、システムの導入は不可欠のものとなっています。

電話番号リストを手に発信を行なう、といった形態のアウトバウンド業務はもはや前時代的となり高額なコールセンターシステムを導入して、競合他社よりも先に多くの発信を行ない顧客を獲得するといった傾向が見られます。

「いかに早く発信し、コンタクトを取りつけるか」は確かに重要なキーポイントと成り得ます。コールセンターシステムの需要はそういったところにあるとも言えます。

 

ただし、ここで気になるのがコールセンターシステムの導入費用となります。

コールセンターシステムも一般的なパソコンと同じで、動作が速いものから遅いものまで金額に応じて多様です。

例えば動作が速いコールセンターシステムであれば、100名を超える規模のアポインターの架電をまかなう事ができます。架電をまかなうとは、「電話番号リストに対して発信ができる」のは当然で、アポインターの稼働効率を一定の時間で保つ、すなわち電話接続までの待ち時間までをコントロールできるシステムを指します。

一方、動作が遅いコールセンターシステムとは利用できるアポインターの人数に制限があり、かつ接続までに時間がかかるコールセンターシステムを指します。

どちらのコールセンターシステムも、共通している点は「クリックで発信」または「ボタン一つで発信」できる点にあります。電話番号を打つ必要がなく、電話番号を間違えずに発信が可能で手で電話番号を打つよりも早く架電が出来る点が共通しています。

どちらのコールセンターシステムも導入の需要を満たす要素の一つを持っています。


コールセンターシステムなら実績豊富なオープンコムにご相談下さい!